水引ミニ知識
メニュー 会社概要
商品紹介
水引ミニ知識
山都飯田
ホームへ



 水引の起源は遥か遠く、六世紀末から七世紀前半の飛鳥時代にまでさかのぼります。
 遣唐使の小野妹子が帰朝した時、唐からの返礼使が携えてきた贈り物に紅白の麻紐が結ばれていました。この麻紐が水引の起源となり、それから宮中での献上品は紅白の麻紐で結ぶ習慣が広がるようになりました。
 当時は「くれない」と呼ばれ、「みずひき」と呼ばれるようになったのは平安時代に入ってからになり、麻紐であったものが、和紙となったのは室町時代からになります。
 さらに庶民の生活に浸透し、現在のように日本独特の文化として定着したのは江戸時代になってからのことです。



 飯田水引は江戸時代、野州(栃木県)からお国替えとなった藩主・堀親昌公が和紙の製法を伝えたことに始まります。当時、幕府への献上品を飾るための水引も作られていましたが、髷(まげ)を結うための元結(もとゆい)と呼ばれる紙紐が主流でした。
 紙すき職人の桜井文七が手がけた『文七元結』をきっかけに飯田の名前が全国に知れ渡るようになりましたが、文明開化の断髪令によって元結は急速に廃れ、代わりに副業であった飯田水引が主力産業として成長を遂げ、現在の発展につながっています。




結び切り
結び切り
二度と繰り返す事のないようにとの願いを込めて婚礼・全快祝い、弔事全般に用いられます。
あわじ結び
あわじ結び
末永く仲良くお付き合いの意味で慶事、弔事の双方に用いられます。
花結び
花結び
何度も繰り返してよい一般祝事やお礼などに用いられます。


 祝い袋の中でも水引の結び方によって、その用途が違ってきます。
 「結び切り」と「あわじ結び」と呼ばれるものは結び目がほどけず、結婚やお見舞いなどのように二度と繰り返してほしくないことに使い、「花結び」のものは出産や昇進など何度あっても良い、一般的な祝い事に使います。
金銀のあわじ結び 金銀のあわじ結び 紅白のあわじ結び</TD 紅白のあわじ結び ファンシー金封 ファンシー金封
結 婚 金銀のあわじ結び、またはファンシー金封。
表書きは「寿・御結婚祝」
出 産 紅白の花結びが基本。
表書きは「御出産祝・寿」
御 祝 紅白の花結び、あわじ結。
表書きは「御祝・ご入学祝・ご栄転祝」など。
謝 礼 紅白、金銀のあわじ結びが基本。
表書きは「御礼・寸志」
御 見 舞 紅白のあわじ結(できれば、のしなし)。表書きは「御見舞」。
お返しは紅白のあわじ結を使い、表書きは「快気祝・全快内祝」。



 仏事では「あわじ結び」が基本となり、葬儀では黒白、双銀、法要では黄白、双銀の水引を使います。
 仏式、神式、キリスト教など宗教により表書きが異なることがありますので、ご注意下さい。また、墨の色も悲しみの心を表すため薄くすることもあります。
黒白のあわじ結び 黒白のあわじ結び 黄白のあわじ結び 黄白のあわじ結び 双銀のあわじ結び 双銀のあわじ結び
 葬 儀  黒白、双銀のあわじ結びが基本。
表書きは仏式が「御香典・御霊前」、神式は「玉串料・榊料」、キリスト教は「御花料」。お返しは仏式が「忌明」、神式は「偲草」、キリスト教は「志」など。
「志」が共通した表書き。
 法 要  黄白、双銀のあわじ結びが基本。
表書きは仏式が「御仏前・御供物料」、神式は「御霊前・玉串料」、キリスト教は「御花料」。お返しは仏式が「粗供養」、神式は「偲草」、キリスト教は「志」。



 水引金封の値段は、中に入れる金額の1%〜2%が目安です。




 表書きは毛筆または筆ペンで姓名をていねいに読みやすく書きましょう。
 表書きは上部の中央に、自分の姓名は下部の中央に書きます。墨色は、慶事は濃く、弔事は悲しみの心を表すために薄く書くのが習わしです。




慶事の外包
上側の折り返し部を下に、
下側を上にして折ります。
弔事の外包
上側の折り返し部を上に、
下側を下にして折ります。





 結納は両家が新しく縁を結ぶことを祝う会食の酒、肴(さかな)のことを意味する「ゆいのもの」と結婚の申し込みの「言納」(いいいれ)に由来しているという二つの説があります。
 戦国時代に始まったといわれますが、現在のような形式になったのは、大正天皇の結婚の儀式を真似たことが始まりだそうです。
 結納品は九品目の交換が最も基本で仲人が結納品を持って両家を往復することが伝統的なスタイルとなっています。


●羽子板飾り『Dream』

●結納【華】29号9点Fセット