TEL:0265-25-8822

令和元年度
「飯田結いバス」
運輸安全マネジメント

当社における、今年度(令和元年1月1日~令和元年12月31日)の「運輸安全マネジメント」について、次のように実施する事としましたので公表します。



1 当社の輸送の安全に関する基本的な方針


① 社長は、輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、現場の安全に関する状況の重要性を認識し、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。


② 安全輸送のためPDCAサイクルを実施し、継続的に見直しと改善に努めます。



2 当社の「輸送の安全」のかかる取組


当社の事故防止のための安全方針

対面点呼の継続実施並びに車両管理(整備・日常点検)の徹底。


社内への周知方法

文章での伝達並びに全乗務員を集めての全体会議の推進。


安全方針に基づく目標

昨年度の実績は無、令和元年1月1日以降、以下の通り運行。
人身事故 0件 物損事故 0件(昨年度の実績、無)
を目標とする。


飲酒運転防止

アルコール検知器でのチェックを強化し、飲酒運転の防止を計ると共に全従業員の意識レベルの強化をする。

健康管理の強化

毎日の健康管理チェック表と年二回の健康診断を基に乗務員の健康状態を把握するとともに、適切な対応をしていく。


目標達成のための計画

上記安全方針の目標に対して、会議等において安全確認並びに点呼においての口答による安全運行を促す。


当社における安全に関する情報交換方法

現場の道路状況・気象状況等についてITを活用した情報収集。
ヒヤリハット情報の収集と活用。
ドライブレコーダー・デジタルタコグラフの活用。


当社の安全に関する反省事項

平成30年度の事故件数
人身事故 0件 物損事故 2件 違反 0件


反省事項に対する改善方法

本年度の反省を踏まえ、社内全体会議での交通安全指導並びに「無事故無違反コンテスト」等を活用し社内一丸となって目標を達成したい。


安全関連対策費

2019.09.30までにドライブレコーダー・デジタルタコグラフを3台取り付けて全車に取り付けとします(2000千円)。アルコールチェッカーも新型機を導入します。



3 当社の行政処分等について


特になし。



4 当社の責任分担の明示


当社社長は、輸送の安全に関する最終的な責任を有する。


社長 = 安全並びに運行管理統括
運行管理者 = 運行計画・点呼
整備管理者 = 車両関係の点呼・整備



5 当社の内部監査について


内部監査を年に一度行います。



6 当社の事故・災害等に関する報告連絡体制


別紙PDF(42.6KB)のとおりです。



7 当社の運行管理規程(貸切バス)


別紙PDF(455KB)のとおりです。



長野県飯田市三日市389-1
木下水引株式会社
飯田結いバス
代表取締役 木下 茂